TBがお届けする!クルマのミニ知識
その他

雪道

寒くなると東京に店舗を構えている弊社でも、お客様からスタッドレスタイヤ交換依頼が非常に増えてまいります。
雪道は通常の路面環境と違い非常に危険です。
今回は雪道の危険について触れたいと思います。

アイスバーン

アイスバーンとは路面上の水分が凍結しスピンやスリップなどが起きやすい非常に危険な状態のことです。
アイスバーンには大きく分けて3つのパターンがあります。

1.圧雪アイスバーン(圧雪)
降り積もった雪が車の走行などで押しつぶされ凍結している状態。

2.ミラーバーン
凍結している路面が車のブレーキングによる摩擦熱で溶け、
それがまた凍結することいったことが繰り返されることによって磨かれ
鏡のようにピカピカになっている状態。

3.ブラックアイスバーン
路面上に薄い氷の膜が張っている状態。
一見するとただ路面が濡れているようにしか見えず危険。

アイスバーンが起こりやすい温度

一般的には外気温が3℃以下になると路面が0℃以下になりアイスバーンが起こりやすいと言われています。
ただし太陽が当たりづらい場所や橋などの風が強く当たりやすい場所ですと気温が3℃以下でなくても起こる場合もあります。
前日に雨や雪が降り、翌日の気温が低いときは十分気をつけて運転する必要があります。
特にブラックアイスバーンは見た目では凍結しているか判断じづらいので気をつけて運転する必要があります。

ホワイトアウト

ホワイトアウトとは吹雪などで視界が真っ白になり見えなくなってしまう状態です。
走行中にホワイトアウトになると前方の車両が見えなくり非常に危険です。
ライトを点灯させ視界を良くするのは勿論ですが、後続車に自分の位置を知らせるようにしましょう。

担当:星野

コラム