TBがお届けする!クルマのミニ知識
その他

ランフラットタイヤ

【概要】

ランフラットタイヤは、パンクして空気が抜けても一定の速度で一定距離は走行出来るように設計されているタイヤです。

【デメリット】

ノーマルタイヤよりも乗り心地やショックがやや強く、品数が少ないため価格が高いです。
また、ノーマルタイヤよりも重いため、燃費に多少影響します。
重い荷重には耐えられないため車種を選びます。
※現在は乗り心地や燃費もノーマルタイヤと遜色がないよう改善されています。

【種類】

1.サイドウォール強化タイプ
現在販売されているほとんどがサイドウォール強化タイプです。
パンクして空気が抜けたときに強化された部分でタイヤの形状を維持し支えています。

2.中子(なかご)タイプ
タイヤ内部にメタルやカーボン素材のサポートリング構造(中子)があり、パンクして空気が抜けたときにこの構造でタイヤの形状を維持し支えています。
しかし重量増やコスト面からあまり普及はしていません。

  • 【種類】

担当:大泉

コラム