TBがお届けする!クルマのミニ知識
保険や税金、法律

自動車リサイクルシステムについて

リサイクル法

自動車はリサイクルできる部分が多く約80%が再利用されております。
20%は廃棄物として埋立処分されてきました。
しかし近年廃棄量が増えたことにより処分料が高騰し、違法な方法でゴミを処理しようとする人たちが現れました。
カーエアコンに使われるフロン類は、オゾン層破壊の原因物質や温室効果ガスなので適切に処理しないと環境汚染に繋がります。
また、エアバックも爆発性があるものなので適切な処理が行われていないと大変危険です。
こういったものを適正に処理するために平成17年1月1日にリサイクル法が制定されました。

リサイクル法対象車

ほぼすべての車が対象となります。
否対象車は被けん引車・二輪車・大型特殊自動車・小型特殊自動車・ その他(農業機械、林業機械、スノーモービルなど)
※カーエアコンなどでフロン類が使用されている場合はフロン排出抑制法に従うことが必要です。

リサイクル料金はいつ払うか

新車または中古車を購入した際に支払います。但し、リサイクル料は最終的に処分する方が負担することになっているので別の方に売却すればその方からリサイクル料を受け取れる権利があります。

リサイクル券を紛失した場合

リサイクル券は売却時か廃車時にしか必要ないものです。
基本的には車検証にずっと入れておくものですが、万が一紛失しても自動車リサイクルシステムのホームページからリサイクル預託状況を確認できますので、それを印刷すればリサイクル券の代用として使えます。

担当:星野

コラム