TBがお届けする!クルマのミニ知識
所有・使用・契約

自動車ローンについて

ローンとは

「貸付金・融資・借金・貸す」の意味ですが、蓄えたお金で不足したり間に合わない場合、ローンとして必要なお金を借りて少しずつ返済していきます。
「住宅ローン」「マイカーローン」「教育ローン」「教育ローン」「カードローン」等いろいろあります。
ここでは車に関したローンの話です。

車を購入する時、代金の支払いにローンを使ったりします。大別して提携ローンと自動車ローンがあります。
最近は提携ローンからの派生商品で残価設定ローンもあります。

提携ローンは販売店が提携している信販会社と契約するものですが、自動車ローンは個人または法人が金融機関と契約します。
車の所有者は提携ローンの場合は信販会社がなる場合が多いのですが(少額ですと本人)、自動車ローンはユーザーが車の所有者となります。
また提携ローンには「抗弁権の接続」が設けられております。

提携ローン

販売店で組む自動車ローンの審査は、自動車が担保となる場合が多い為、審査も比較的緩く、期間も短くできます。
購入の車が決まったら、販売店の方が審査申込手続きをやってくれます。非常に楽で便利ですが、審査が通らなければ購入ができません。
この提携ローンは銀行等の自動車ローンより金利が高めです。時々低金利キャンペーンもやっていますので、利用されるとお得でしょう。中古車購入の場合は、新車よりさらに金利が高くなります。
借入額を少なくし、短期間で返済することが大切です。

自動車ローン

販売店で購入した自動車を必ずしもそのお店の提携している信販会社を使わなければならない訳ではありません。
金融機関での自動車ローンを組むこともできます。この場合金利は低めです。
ただ提携ローンより金利は低めでも、自動車を担保にしない為審査は厳しく、審査期間も1週間はかかる場合があります。

まとめ

提携ローン、自動車ローンそれぞれに特徴があり、車種、金額期間、利用目的、購入者の状況にもよって違ってきます。
優遇金利情報を収集したり、ネットで比較サイトによるチェックもするといいでしょう。
複数比較検討していただき、ご自分に有利なローンを選択しましょう。

参考例

現金販売価格2,500,000円
頭金500,000円
ローン金額2,000,000円
実質年率3.9%
支払回数36回払
第1回目支払額 61,024円
第2回目から第36回目支払額 58,900円
分割払手数料 122,524円
分割支払金合計 2,122,524円
お支払総額 2,622,524円

担当:武江

コラム